泊まってみたい!こんなパリのアパルトマン

昨日の続き
フランスの大文豪、ヴィクトル・ユーゴの家訪問
こちら食事の部屋デス。

victorhugo_salon

ゴージャス~!

全7室あるヴィクトルユーゴの家ですが、
各部屋のデコレーションは必見です。
文豪のセンスを感じます。

テキスタイルもかわいい・・・・
テキスタイル1

詩人、小説家としてだけではなく、
ヴィクトル・ユーゴはアートな才能も持っていたのですね~
部屋には、本人が描いた絵や彫刻が飾られています。

そしてその才能は、子供、孫、ひ孫、
さらには、玄孫(やしゃご=ひ孫の子供)、来孫(らいそん=玄孫の子供)まで
脈々と受け継がれているという・・・。

まさに、芸術家一家というわけ!

ヴィクトルユーゴ記念館では、現在「ユーゴ家、芸術家ファミリー」
という展示が行われていて、
子供、孫と続く、ユーゴ家の方々の作品も見ることができます。

ちなみに、ジョン・バティスト・ユーゴさん(ヴィクトルユーゴの5代後)は存命で
写真家として活躍中。

Jean_baptiste_hugo

現在は、展示会が開催中なので入場料がかかりますが、
普段は無料で入ることができますよ!

ヴィクトルユーゴの家が面しているヴォージュ広場の美しさも一見の価値ありです!
ツウなパリ旅行を!と思われる方は、ぜひ!

 ●●●●

「読みました~!」のクリックを頂けると励みになります(*’ω’*)
クリック☆クリックお願いいたします!
↓↓ココ↓↓ 
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
↑↑ココ↑↑

●●●●

 

カテゴリー: パリあれこれ, パリ観光 パーマリンク