72時間の壁

フランスのお隣、イタリアの中部で
24日午前3時36分(日本時間午前10時36分)に大きな地震がありました。
250人近くの方が亡くなり、今も必死に生存者の捜索が続けられているとのことです。

朝イチでこのニュースを見て、やはり5年前の東日本大震災を思い出してしまいました。
当時、私は自宅で電話をしていました。固定電話がぽーんと天井に投げ出され、
一瞬何がおきたのか分からなくなりました。

ハッと我に返り、「おばあちゃんを助けなきゃ!」と。
ぐにゃぐにゃ揺れる階段をみながら、必死に隣の部屋にはいつくばりながら向かったこと。

ヨーロッパは日本に比べて地震が少ないと言われていますが、
ユーラシアプレートとアラビアプレートの境界が走るイタリアとかギリシャなどでは
比較的多い聞いたことがあります。

5年前もそうでしたが・・・72時間の壁が近づいています。
一般に、人間が飲まず食わずで生き延びられる限界が72時間と言われているんですよね。

今、願うのは・・・一刻も早く、1人でも多くの生存者が見つかること・・・

bougie

カテゴリー: パリ生活 パーマリンク