2017年のパリ、ここが変わりました。

新年明けてすでに1か月が過ぎ、そしてもう2月!
月日が経つのは早い早い!
あ、ブログの更新が滞ってましたね(反省、反省)

パリ旅行を考えている方に、朗報
今年のパリ、ちょっとかわりましたよ!

デパート日曜営業スタート!!!!!!!

どーんと大きな文字で書いてしまいました(;´・ω・)

日本では当たり前のことかもしれませんが、
フランスではすごいことなんです!

これまで、日本からお客様がいらしたときに
「日曜日は買い物ができないから気をつけてくださいね!」とお話しすると、
「え~?開いてないの?信じられない!」とびっくりされることが、しばしば。

キリスト教のカトリックがベースにあるここフランスは、
日曜日は家族と一緒に教会に行く日=「お休み」という構図がずっと続いていました。

そして、労働組合の力も強く
「日曜に働くなんて!断固反対!」という流れもありました。

そんな中、規制緩和の法律が通って、日曜営業が解禁に!

オペラ座の近く、観光客御用達デパートギャラリーラファイエット」
galerieslafayette
写真はギャラリーラファイエットHPからお借りしました。

1F入口ドアには・・・日曜11時から19時まで営業の文字が。

galerieslafayette2


パリの東急ハンズ的存在「BHV」はほかのデパートより一足早く日曜営業スタート!

bhv
写真はBHVのHPからお借りしました。

パリ左岸のエレガントなデパート「ル・ボンマルシェ」3月19日から日曜営業スタート

Le Bon Marché
写真は、ル・ボンマルシェのHPからお借りしました


日曜営業の規制緩和がなされ、いよいよ観光客に便利なパリになったかな?と思った矢先、先日ルーブル美術館(正確にはルーブル美術館に連結しているショッピングセンター)で、テロ未遂事件がありました。

事件がが起きる度に、
「フランスは大丈夫?」「危険なんじゃない?」と聞かれますが、

街はいたってフ・ツ・ウです

確かにショッピングセンターや公共施設に入る際のセキュリティーチェックはありますしし、大きな銃をもった兵士さんが警備にあたっている姿をよく見ます。

こういう状況に慣れてはいけないけれど(当たり前にもなってほしくないのだけれど)
パリのみならず、世界中どこに居てもテロにあう危険性があるのだ、という心構えを持って持っておかなきゃいけないな、と改めて感じています。

旅行に来られる方も「危険とは隣り合わせ」ということを、
頭の片隅に置いてパリに来てくださいね。
平和な国・日本にいると、こう考えるのがなかなか難しいのですが・・・

●●●●

新年もクリックを頂けると、更新の励みになります(*’ω’*)
ポチっと押していただけると嬉しいです!
↓↓ココ↓↓ 
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
↑↑ココ↑↑

●●●●

 

 

カテゴリー: パリあれこれ, パリ観光 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です