日本人シェフ健闘!2017フランス・ミシュラン

フランスのタイヤメーカー「ミシュラン社」より出版される様々なガイドブックの中で、レストランの格付けを表すものとして知られる、
通称「赤ミシュラン」

michelin
先週9日(木)に最新の格付けを発表しました!
星の数で格付けがされているのですが・・・

3つ星: わざわざ訪れる価値の有る卓越した料理
2つ星遠回りしてでも訪れる価値がある素晴らしい料理
1つ星そのカテゴリーで特に美味しい料理を提供するレストラン

という意味があります!ちなみにガイドブック本誌では、

3-etoile ←こんな記号で星の数が表現されています
この記号のこマカロン」っていうんですよ~

今年は、小林圭シェフの「KEI」が1つ星から二つ星に昇格
その他、4人の日本人シェフ1つ星新たに獲得しました。
(いつか行ってみたい~!!!)

昇格することはもちろん、星を獲得すること、
そして星を維持すること!並大抵の努力は想像を絶するものかと思います・・・

今年も1つ星を維持した、パリ日本人シェフの一人吉武広樹シェフ
ノートルダム寺院にほど近い風情のある場所にレストランSOLAを構えています。

昨年吉武シェフは、宮城県出身のペインティングアーティストのさとうたけしさん
コラボレーションイベントを開催されました!

「音楽と食」・・・音楽を聴きながら、食事をするのかな?とイメージできますが、
「アートと食」のコラボレーションって?とワクワクしながら会場に向かったことを覚えています。こちら、その時のメニュー表。色と食材のみが書かれています。

MENU

佐藤さんがローラーで色をキャンバスに載せると・・・

SATO1

その色が表現されたお料理がテーブルに運ばれてきます。

SOLA1

お料理と絵が完全に調和
まさにシェフとアーティストの会話のようでした。

フルコースの料理にアートがシンクロした、
これまでにないイベントに会場は大いに盛りあがったこと、いうまでもありません!

吉武シェフ、今度は3月17日(金)18日(土)、佐賀県伊万里市を会場に、
さとうさんとのコラボイベント第二弾を開催されるそうです。
2夜限りの奇跡のレストラン・・・行ける方、うらやましい!

インタビューさせていただいたとき
「常に新しいことをやっていきたい」と語っていた吉武シェフ。

どんなに輝かしいタイトルを持っていても、
それに甘んじず、努力を続ける姿が眩しい。
「わたしも頑張らなきゃ!」って気持ちにさせられます。

 

●●●●

2月もクリックを頂けると、更新の励みになります(*’ω’*)
ポチっと押していただけると嬉しいです!
↓↓ココ↓↓ 
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
↑↑ココ↑↑

●●●●

 

 

カテゴリー: おすすめレストラン, パリあれこれ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です