NEWS

毎日のあれこれは、BLOGで!

NHK仙台放送局ラジオ第一放送「ゴジだっちゃ!」にて、鳴子こけしがフランスに進出!のレポート(2018年2月9日放送)→コチラごらんください♪

昭文社ことりっぷWEBでフランスに関する記事を執筆→コチラ

カテゴリー: 未分類 | 2件のコメント

パリのど真ん中。どんな音が聞こえるのかな?

 

こんなに晴れたの何日ぶりだろう・・・?

パリのど真ん中、それも大きな教会の前に佇む、巨大な彫刻。
アンリ・ド・ミラーの「聞く」という作品です。
青空の下、女の子達には、どんな音が聞こえているのかな?

 

●●●●

クリックを頂けると、更新の励みになります(*’ω’*)
ポチっと押していただけると嬉しいです!
↓↓ココ↓↓ 
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
↑↑ココ↑↑

●●●●

 

カテゴリー: パリ観光, 未分類 | パリのど真ん中。どんな音が聞こえるのかな? はコメントを受け付けていません。

パリ究極のリサイクル?駅が美術館に!

時折「パリ観光、アテンドをしてもらえますか?」とお仕事いただくことがあります
返事はもちろん「喜んで!」

住んでいるからこそ知り得た「ここはぜひ!」という場所やレストランに
大事な方をご案内できるのは、やっぱりうれしい!

そしてご一緒した方の喜んでいる顔を見ると、
「やった!」と心で小さくガッツポーズ!

パリをご案内する中で、美術館を巡りたい、という方はやはり多いです!
ただその数200以上といわれるパリの美術館を、
短い旅行日程のなかで、全部回るのは不可能に近い・・・かと・・・。

ルーブル美術館もおすすめなのですが、
広すぎて・・・一日で回りきるのは至難の業( ゚Д゚)

コンパクトな空間に名画が揃っている!
日本人にファンの多い「印象派」の作品も充実!
2011年に大規模な改修工事が終わって、より見やすくなった!

と三拍子揃っておすすめなのが、オルセー美術館です。


写真はフランス観光開発機構より

このオルセー美術館は、もともと駅でした。

写真はWikipediaから

そして、こちらが今のオルセー美術館

オルセー駅からオルセー美術館へ。
1900年の万国博覧会で作った駅を美術館へ。
究極のリサイクル、ですよね?

お客様と訪れた2月14日は、ドガの特別展が開催中でした。

オルセー美術館は、ミレーの「晩鐘」「落穂拾い」
ゴッホの自画像やマネの「草の上の昼食」
モネの「ルーアンの大聖堂」などなど、名作ぞろい。

そうそう、オルセー美術館を見学した後は
チケットを捨てずに持っていてくださいね。

オルセー美術館の使用済みチケットを提示すると、8日以内に限って
ギュスターブモロー美術館、オペラ座見学、ジャン=ジャック・エンネル美術館が
割引料金で入場できますよ!

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

クリックを頂けると、更新の励みになります(*’ω’*)
ポチっと押していただけると嬉しいです!
↓↓ココ↓↓ 
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
↑↑ココ↑↑

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

 

カテゴリー: パリ観光 | パリ究極のリサイクル?駅が美術館に! はコメントを受け付けていません。

ここじゃなくして、どこへ行く?ベルサイユ宮殿

2月14日、バレンタインデーに日本からお客様がいらっしゃいました!
フランス料理のシェフが、お料理教室の生徒さん達を連れ
10名のグループでパリに到着!

早朝4時半にパリ・シャルルドゴール空港に到着され、
その後、パリ市内で朝ごはん♫
焼きたてのクロワッサンに熱々のカフェオレ・・・

これ、朝便ならではの醍醐味ですね~


パリのパン屋さん、早いところでは6時には焼きたてクロワッサンが店頭に並びます!

日本を23時50分に出発し、翌日早朝にパリに到着する
エールフランス293便は、ナイスチョイスかもしれません!
日本の就寝時間に合わせたような出発時間。
そして起きたらパリ!

なんてたって到着が早朝だけに、パリ到着後即観光に出発できるんです!

さて、フランスリピーターの方でも
「行ったことがない!」という方が多いのが、ベルサイユ宮殿かもしれません。
パリからちょっと距離がある(約20キロ)
なんてたって、入るまでに・・・並ぶんですよ、これが。

が、朝早く行けば、ほぼ並ばずに入れる可能性大です。


写真は、フランス観光開発機構より

ベルサイユ宮殿に行くときは、事前にチケット購入するのが鉄則です。
そうしないと・・・現地でチケット購入入場するため
二度並ばなければいけないんですΣ( ̄ロ ̄lll)

今回もチケットはもちろん事前手配済!
スムースに入ることができました♪

いつ見ても見事な「鏡の間」

その名の通り357枚の鏡を壁一面にはめ込んだ空間。
入った瞬間、うわぁ~!と声がでます

歴史の教科書でならった、ベルサイユ条約もここで結ばれました。

現在ベルサイユ宮殿は工事中で(終了は未定です・・・)
かの有名な公開出産が行われた「王妃の寝室」は見学ができませんでしたが、

ですが、「王女たちの居室(Appartements de mesdames)」は見学可。

かつてヴェルサイユ宮殿でも王の居室群に次いでもっとも美しいとされていた場所なので、一見の価値ありです!

 

また見逃しがちなのが、戦闘の回廊
ベルサイユ宮殿にはフランス史上の重要な戦闘を描いた絵画が集められています。

ベルサイユ宮殿の入場チケットには、音声ガイド料金も含まれています
ゆっくり時間がある方は、ガイドを聞きながら回るのもありです!
さらに時間がある方は、マリーアントワネットの宮殿(プチトリアノン)まで足を延ばすのもオススメです!

この日は午前中にベルサイユ宮殿へ
そして午後は、もと駅舎だった場所を利用した美術館へご案内しました。
あ、あそこか!と、お分かりの方も多いはず( ´艸`)
づつきはまた明日に♫

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

クリックを頂けると、更新の励みになります(*’ω’*)
ポチっと押していただけると嬉しいです!
↓↓ココ↓↓ 
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
↑↑ココ↑↑

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

 

 

カテゴリー: パリ観光 | ここじゃなくして、どこへ行く?ベルサイユ宮殿 はコメントを受け付けていません。

久しぶりのブログ更新です・・・

超久しぶりのブログ更新・・・
すっかりご無沙汰しておりました( ゚Д゚)
先日、同期のアナウンサーからメールを貰い
「何かあったのでは・・・」と心配している、と(涙)

日本から遠くにいる分、元気なことをブログを通してお知らせせねばな、と
反省しました。。。

ここ数か月ブログを書く暇なく、ワタワタした毎日を送っていましたが・・・
元気にしています(*´▽`*)

今日から3月だというのに、朝起きたら雪が!
写真はLe Parisienから

南仏のほうではさらに雪が多く、
今週はヨーロッパ全体に寒波が襲ってきています・・・

とはいえ、春の足音もすこし聞こえてきています!

寒い中でも、花咲かせる自然の逞しさには、
ただただ、驚くばかり!

先日、日本からのお客様のフランス旅行のアテンドをさせてもらいました。
近々その旅日記もアップしますね♡
あまり間をあけずに、ブログを更新できるようにがんばります!

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

クリックを頂けると、更新の励みになります(*’ω’*)
ポチっと押していただけると嬉しいです!
↓↓ココ↓↓ 
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
↑↑ココ↑↑

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

 

カテゴリー: 未分類 | 久しぶりのブログ更新です・・・ はコメントを受け付けていません。

フランスの運命を決める日

春いっぱいのフランスです!

tulipe

チューリップにパンジーそして、ヒヤシンス

Hyacinthus

春と言えば、桜ですが・・・
フランスの桜は八重が多いんですよね。
もちろんキレイなのですが・・・やっぱりソメイヨシノが一番と思ってしまいます。

今週末はいよいよ5年に一度のフランス大統領選挙。
だれが「サクラサク」となるのか?

日本ですと、国会議員の投票によって総理大臣が決まりますが、
フランスは、国民一人一人が大統領を選ぶ投票権をもっています。

パートナーも報道番組や新聞をよくチェックしているし、
昨日は電話で義父と選挙の話をしてました。
自分の一票が、大統領を選ぶとなれば、真剣度も違ってくるよなぁ・・・。

私はというと・・・日本国籍なので、フランスでの投票権はありません。
ただでさえ難しいフランス語ですが、さらに「政策指針」「経済」「テロ」など
候補者の演説は、難しいボキャブラリーのオンパレードなので、
ついていくだけで精一杯、とほほ。

選挙は明日1回目の投票が行われて、
過半数を獲得した候補者がいない場合、第二回目の投票が行われます。

今後5年のフランスが決まるといっても過言じゃない、大統領選挙
「親日家だったシラク大統領の時はよかった」なんて話をよく聞きますが、
フランス国民だけではなく、移民である私たち在仏日本人にとっても、影響大。
「移民追放!」という人が大統領になれば、
大げさかもしれないけれど、私たちガイコクジンがフランスに滞在することすら難しくなるかもしれない。

いったい誰が選ばれるのか???
さらに、大統領選挙を控えた昨夜、シャンゼリゼ通りで銃撃事件が起きました。

ようやく落ち着いて、旅行客も戻ってきたかなきたかな。。。と思っていた矢先なのに。
なんだか物々しいフランスに逆戻り。
とはいえ、私たちはいつも通りの生活を続けるしかないのですが・・・。

 

●●●●

クリックを頂けると、更新の励みになります(*’ω’*)
ポチっと押していただけると嬉しいです!
↓↓ココ↓↓ 
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
↑↑ココ↑↑

●●●●

 

カテゴリー: 未分類 | フランスの運命を決める日 はコメントを受け付けていません。

日本と真逆、フランスのバレンタインデー。

昨日はバレンタインデーでした!
道を歩いていると、バラの花を持っている男性とすれ違うこと数回。

フランスのバレンタインは、日本とは真逆で、
男性から女性にプレゼントや花を送るのが一般的です♪
女性としては、う・れ・し・い

rose

昨日、街中のお花やさんの店頭は、バラの花でいっぱいでした!
花束だったり、たった1本だけを素敵にラッピングしていたり、それぞれ。
バラは日持ちがしない、というので蘭を買うという方も多く見られましたよ。

ちなみに、フランスの郵便局では
毎年有名ブランドとコラボしたバレンタインの切手が販売されます。

今年は、1945年パリ8区に誕生、
フランスを代表する老舗メゾン・バルマンとのコラボ。

timbretimbre2

「日本のValentineデーは、上司や同僚、はたまた友達にもチョコレートをあげたりするよ」と私。
「うーん、上司にチョコレートなんてあげたら、誤解されるな」とパートナー。

さすが愛の国、フランスのバレンタインデーは「本命一筋
「義理チョコ」「友チョコ」などはここフランスでは存在しません。

そもそも・・・プレゼントの主流はチョコレートではなく、
香水やランジェリー、恋人や奥様が好きなものをチョイス。

常識や定番に縛られるのではなく
を伝え合う、のが最大の目的!なんですね。
書いているワタシがなんだか照れますが・・・。

我が家はといいますと、朝一番で
「Bonne ST.
Valentine!」(バレンタインデーおめでとう)とパートナー。

すこーし(かなり?)期待していましたが、
夜帰宅するなり「ごめん、プレゼント用意できなかった・・・」と一言。
そう気持ちを伝えることが大事・・・ですもんね(苦笑)
ちなみに、ホワイトデーもフランスには存在しません!

●●●●

2月もクリックを頂けると、更新の励みになります(*’ω’*)
ポチっと押していただけると嬉しいです!
↓↓ココ↓↓ 
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
↑↑ココ↑↑

●●●●

 

 

カテゴリー: パリあれこれ, パリ生活, 未分類 | 日本と真逆、フランスのバレンタインデー。 はコメントを受け付けていません。

日本人シェフ健闘!2017フランス・ミシュラン

フランスのタイヤメーカー「ミシュラン社」より出版される様々なガイドブックの中で、レストランの格付けを表すものとして知られる、
通称「赤ミシュラン」

michelin
先週9日(木)に最新の格付けを発表しました!
星の数で格付けがされているのですが・・・

3つ星: わざわざ訪れる価値の有る卓越した料理
2つ星遠回りしてでも訪れる価値がある素晴らしい料理
1つ星そのカテゴリーで特に美味しい料理を提供するレストラン

という意味があります!ちなみにガイドブック本誌では、

3-etoile ←こんな記号で星の数が表現されています
この記号のこマカロン」っていうんですよ~

今年は、小林圭シェフの「KEI」が1つ星から二つ星に昇格
その他、4人の日本人シェフ1つ星新たに獲得しました。
(いつか行ってみたい~!!!)

昇格することはもちろん、星を獲得すること、
そして星を維持すること!並大抵の努力は想像を絶するものかと思います・・・

今年も1つ星を維持した、パリ日本人シェフの一人吉武広樹シェフ
ノートルダム寺院にほど近い風情のある場所にレストランSOLAを構えています。

昨年吉武シェフは、宮城県出身のペインティングアーティストのさとうたけしさん
コラボレーションイベントを開催されました!

「音楽と食」・・・音楽を聴きながら、食事をするのかな?とイメージできますが、
「アートと食」のコラボレーションって?とワクワクしながら会場に向かったことを覚えています。こちら、その時のメニュー表。色と食材のみが書かれています。

MENU

佐藤さんがローラーで色をキャンバスに載せると・・・

SATO1

その色が表現されたお料理がテーブルに運ばれてきます。

SOLA1

お料理と絵が完全に調和
まさにシェフとアーティストの会話のようでした。

フルコースの料理にアートがシンクロした、
これまでにないイベントに会場は大いに盛りあがったこと、いうまでもありません!

吉武シェフ、今度は3月17日(金)18日(土)、佐賀県伊万里市を会場に、
さとうさんとのコラボイベント第二弾を開催されるそうです。
2夜限りの奇跡のレストラン・・・行ける方、うらやましい!

インタビューさせていただいたとき
「常に新しいことをやっていきたい」と語っていた吉武シェフ。

どんなに輝かしいタイトルを持っていても、
それに甘んじず、努力を続ける姿が眩しい。
「わたしも頑張らなきゃ!」って気持ちにさせられます。

 

●●●●

2月もクリックを頂けると、更新の励みになります(*’ω’*)
ポチっと押していただけると嬉しいです!
↓↓ココ↓↓ 
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
↑↑ココ↑↑

●●●●

 

 

カテゴリー: おすすめレストラン, パリあれこれ | 日本人シェフ健闘!2017フランス・ミシュラン はコメントを受け付けていません。

2017年のパリ、ここが変わりました。

新年明けてすでに1か月が過ぎ、そしてもう2月!
月日が経つのは早い早い!
あ、ブログの更新が滞ってましたね(反省、反省)

パリ旅行を考えている方に、朗報
今年のパリ、ちょっとかわりましたよ!

デパート日曜営業スタート!!!!!!!

どーんと大きな文字で書いてしまいました(;´・ω・)

日本では当たり前のことかもしれませんが、
フランスではすごいことなんです!

これまで、日本からお客様がいらしたときに
「日曜日は買い物ができないから気をつけてくださいね!」とお話しすると、
「え~?開いてないの?信じられない!」とびっくりされることが、しばしば。

キリスト教のカトリックがベースにあるここフランスは、
日曜日は家族と一緒に教会に行く日=「お休み」という構図がずっと続いていました。

そして、労働組合の力も強く
「日曜に働くなんて!断固反対!」という流れもありました。

そんな中、規制緩和の法律が通って、日曜営業が解禁に!

オペラ座の近く、観光客御用達デパートギャラリーラファイエット」
galerieslafayette
写真はギャラリーラファイエットHPからお借りしました。

1F入口ドアには・・・日曜11時から19時まで営業の文字が。

galerieslafayette2


パリの東急ハンズ的存在「BHV」はほかのデパートより一足早く日曜営業スタート!

bhv
写真はBHVのHPからお借りしました。

パリ左岸のエレガントなデパート「ル・ボンマルシェ」3月19日から日曜営業スタート

Le Bon Marché
写真は、ル・ボンマルシェのHPからお借りしました


日曜営業の規制緩和がなされ、いよいよ観光客に便利なパリになったかな?と思った矢先、先日ルーブル美術館(正確にはルーブル美術館に連結しているショッピングセンター)で、テロ未遂事件がありました。

事件がが起きる度に、
「フランスは大丈夫?」「危険なんじゃない?」と聞かれますが、

街はいたってフ・ツ・ウです

確かにショッピングセンターや公共施設に入る際のセキュリティーチェックはありますしし、大きな銃をもった兵士さんが警備にあたっている姿をよく見ます。

こういう状況に慣れてはいけないけれど(当たり前にもなってほしくないのだけれど)
パリのみならず、世界中どこに居てもテロにあう危険性があるのだ、という心構えを持って持っておかなきゃいけないな、と改めて感じています。

旅行に来られる方も「危険とは隣り合わせ」ということを、
頭の片隅に置いてパリに来てくださいね。
平和な国・日本にいると、こう考えるのがなかなか難しいのですが・・・

●●●●

新年もクリックを頂けると、更新の励みになります(*’ω’*)
ポチっと押していただけると嬉しいです!
↓↓ココ↓↓ 
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
↑↑ココ↑↑

●●●●

 

 

カテゴリー: パリあれこれ, パリ観光 | 2017年のパリ、ここが変わりました。 はコメントを受け付けていません。

王様のお菓子を食らう!

1月も下旬!
新年あけて1か月が過ぎようとしているなんて、は、早すぎる~!

1月のパリといえば、やはりこのお菓子でしょう♡
ガレット・デ・ロワ、訳して「王様のお菓子」

アーモンド生地をパイで包んだフランスの伝統菓子で、
このお菓子を家族や友人と囲み、新年を祝います♪

今年は2度ほど自宅で焼いてみました!

gallete

ちなみにケーキの上に乗っているのは、紙製の王冠。
実はケーキの中に、中に『フェーヴ』とよばれるチャームがひとつ入っているのですが、

あたった人は、一日王様」になって、なんでも言う事を聞いてもらえる
・・・という特典も♪

もちろん、女性が当たったら「女王様」です♡
またフェーブを手にした方は、その一年幸運に恵まれる、と言われているんですよ~

このフェーブ。お店によって様々でコレクションしている人もたくさん。
その年限定のものばかりなので、ついつい・・・。

feve
蚤の市で手にいれたフェーブ。なんとも愛らしい~

もちろん、お菓子屋さんパン屋さんでも、この時期はどこに行ってもガレットがずらり!
シンプルなもの、ちょっとかわったもの、様々です。

今年、コレ、かわいいなぁと思ったのが、フランスの老舗「ルノートル」のガレット

lenotre_galette
写真はLENOTREからお借りしました。

普通のガレットは円形なのですが、こちらはティーポットの形をしています!
「おやつの時間」がテーマになっていて、中には・・・

lenotre_feves
写真はLENOTREからお借りしました。

新作ティーセットのフェーブがはいっているのです!
かわいい!女ゴコロ、わかっているなぁ~。

コチラ、フランス・パティスリー界のピカソ☆・・・ピエールエルメ氏

photo_pierre_herme
写真は、 PIERRE HERMÉ PARIS オフィシャルHPからおかりしました

ピエールエルメ氏の今年のガレットは、定番の他に
柚子とチョコレートのクリームが入ったものが出ていました。

pierre hermes

写真は PIERRE HERMÉ PARIS オフィシャルHPからおかりしました

バターを織り込んだパイ生地の中に
アーモンドとバターたっぷりのクリームがはいっているこのお菓子。
バターのダブルパーンチ!!!!

全部食べていたら、体形も(そしてお財布も!)大変なことになっちゃいます・・・
(ちなみにピエールエルメのガレットは、3~4人前で4500円強、結構よいお値段です)

でも、見ていると食べたくなっちゃうんですよね、とほほ。

●●●●

新年もクリックを頂けると、更新の励みになります(*’ω’*)
ポチっと押していただけると嬉しいです!
↓↓ココ↓↓ 
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
↑↑ココ↑↑

●●●●

カテゴリー: パリあれこれ, パリ生活 | 王様のお菓子を食らう! はコメントを受け付けていません。