Category Archives: エッセイ・執筆

ノートルダムの鐘とヴィクトル・ユーゴ

すっかりブログがご無沙汰になってしまっているうちに、 季節はめぐり、すっかり冬が近づいてきました パリは3日前に雪が降りましたよ~ 朝窓をあけたらびっくり。ふわぁぁぁぁぁぁぁっというよりは、 ジャンジャン降っている! 写真は、figaroからお借りしました 秋から冬にかけては、観劇シーズンの始まりでもあります。 バレエにオペラに・・ もし日本にいたら、ぜひこの作品を見にいきたいなぁ! 劇団四季の新作 『ノートルダムの鐘』 パリのノートルダム大聖堂を舞台に繰り広げられる、 鐘つき男のカジモトと踊り子のエスメラルダの愛の物語です! この上演にあたり、劇団四季の機関紙「ラ・アルプ」に 先の「壁抜け男」のエッセイに引き続き、 舞台さんぽ特別篇「パリ発祥の地にたたずむノートルダム大聖堂とヴィクトル・ユーゴ」 を書かせてもらいました。 10月号の20ページから24ページです。 フランスカトリック総本山のノートルダム大聖堂ですが、 その歴史は波乱万丈。存在の危機すらありました。 が、それを救ったのが、フランスの大文豪ヴィクトル・ユーゴだったんですよ。 彼が執筆した小説『ノートルダム・ド・パリ』が、そのきっかけでした! ひとつの小説の大ヒットが、歴史的建造物を救うって、すごいですよね。 本誌では、大聖堂を救ったビクトル・ユーゴにクローズアップしながら、 そしてじつは日本人にとって(特に東北人にとって!)身近な存在だった大聖堂について・・・ などなどを書いています。 機会があったら、ぜひ手にとってみてくださいね! ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●● 「読みました~!」のクリックを頂けると励みになります(*’ω’*) ポチっと押していただけると嬉しいです! ↓↓ココ↓↓  ↑↑ココ↑↑ ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●  

Posted in エッセイ・執筆 | Comments Off on ノートルダムの鐘とヴィクトル・ユーゴ

仙台・フランスレンヌの姉妹都市提携50周年!

京都とパリが姉妹都市なのは、有名な話ですが、 仙台とフランスのレンヌも、姉妹都市同士なんです♡ このこと、ご存じじゃない方も多いかもしれませんね! レンヌは、フランスの西部。 ココに行くときに、必ずといっていいほど通ります! そうモンサンミッシェルへの玄関口です! 地図だと・・・・こんな位置関係。 フランスの首都パリとレンヌ間は350キロ。 ちょうど仙台・東京間程の距離です。 姉妹都市提携のきっかけは、昭和38年 当時の駐日フランス大使(エチェンヌ・デヌリー氏)が来仙した際に、 レンヌ市仙台市も共に古い歴史を持つ都市であることなどから決まったそうです! この両市、似ているところがいっぱいあるんですよね~ レンヌには、たくさんの高等教育機関や研究機関があります。 仙台も学都として、全国に知られていますしね! 緑が多くて、落ち着いた街並み。 杜の都仙台を感じさせる場所もたくさん。 パリの人は、「ツーーーーン」としていますが、 レンヌの人には、どこか東北人的なぬくもりを感じます。 だからかな? レンヌに行くと、どこかほっとするんです♪ 来年、仙台市とレンヌ市の姉妹都市提携が結ばれて50周年を迎えます。 ちょうど半世紀! 来年、どんなお祝いをするのか・・・いまからワクワクです♪ 2000年から両市の民間交流を続けているのが「仙台・サリューレンヌの会」です。 代表の貝山幸子さんが発行人を勤める情報誌「サリュー・ラ・フランス」の最新号には、 交流の様子が掲載されていますよ! わたしも最新号で、フランスに関する記事を書かせてもらいました ぜひ、ご覧くださいね! ↓こちらからWEB上でご覧いただけます! http://salutlafrance.jp/pdf/salut42_fin02.pdf また手にとって読みたい!という方は、こちらが配布場所リストです ↓ http://salutlafrance.jp/distribution.html   ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●● 「読みました~!」のクリックを頂けると励みになります(*’ω’*) クリック☆クリックお願いいたします! ↓↓ココ↓↓  ↑↑ココ↑↑ ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

Posted in エッセイ・執筆, パリあれこれ | Comments Off on 仙台・フランスレンヌの姉妹都市提携50周年!

パリの田舎と劇団四季

パリの田舎? パリって都会じゃ・・・・ おっしゃる通りです! でも、パリにも小さな田舎があります・・・モンマルトルです このモンマルトルは、映画「アメリ」や「ムーランルージュ」の大ヒットによって、 日本人にとっておなじみの観光地になりました。 観光地とはいえ・・・ちょっと裏道に入るとこんな風景が! 小さな美術館にシャンソン酒場、ぶどう畑に風車。 かつてピカソやルノワールなど芸術家が住んでいたことしのばせる、アーティストのアトリエ・・・ のどかな風景が広がっているんですヨ♪

Posted in エッセイ・執筆, パリあれこれ, パリ観光 | Comments Off on パリの田舎と劇団四季